人物紹介

人物紹介~以仁王~

 後白河院の第三皇子。兄に守仁親王(二条天皇)、守覚法親王、異母弟に憲仁親王(高倉天皇)がいる。守覚法親王が出家していたため、「吾妻鏡」では「二宮」と書かれて…

古記録を読む 吾妻鏡

なぜ「吾妻鏡」か?

 いくつも翻刻された史料があるのに、なぜ「吾妻鏡」なのか? 「吾妻鏡」以外の多くの史料は、登場人物になじみがなく、時代背景の推移をイメージするのが難しいものが…

古文書・古記録について

歴史史料について

 ひとくちに史料といっても、原文書(古文書・古記録)・影写(原文書を写したもの)・翻刻(活字化されたもの)などがある。 原文書(古文書)は、当時の人が書いたも…

古文書・古記録について

古文書・古記録を読解するためのスキル

 歴史に興味関心を持ち、本を読み進めていくと、必ず史料という言葉がでてくる。 この史料というのは著者の記述した内容が、過去のどのような素材から導き出したか?を…

古記録を読む 吾妻鏡

史料講座 第1回.頼朝が鎌倉を目指したわけ!!

 源頼朝が鎌倉を目指したわけを鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」より探ってみる。 本サイトのタイトル(歴史史料を読み解く)にあるように歴史史料から歴史を学ぶというのが…

古記録を読む 吾妻鏡

史料に触れる(例えば源頼朝の鎌倉入り)

日本有数の観光都市鎌倉の歴史は、 治承四年(一一八〇)十月の源頼朝の鎌倉入りに始まったといっても過言ではない。 頼朝は大倉に自邸(今の清泉小学校の位置)を構え…